セルフレジとりんかいSuica。

2020年4月11日

 

火曜日4月7日、安倍総理から緊急事態宣言が出された。実はそれより先の3月末に既に、「4月頭あたりに東京がロックダウンする」という噂が流れていた。朝から業界関係者の匂わせらしきツイートが流れ、ネット上で流れていたそんな噂たち(チェーンメールも回っていたらしい)。

 

ネット上のみならず、それと地続きの現実もざわついており、4月頭の小池百合子都知事の会見で東京ロックダウンが宣言されるのではとささやかれていた。しかも「信憑性高い筋からの話らしい」とかなんとか。

 

しかし、私が仕事からかえるころには「4月1日に東京ロックダウン”菅長官「明確に否定」」。そして4月1日を迎えどもロックダウンはされず、その日も「え?明日の2日からそうなるっていわれてるんでしょ?」なんて話をしていた人もいるくらいで、なんだかゴタついた印象であった。4月頭の小池百合子都知事の会見は、自粛をよりいっそう促す内容(危機感がない都民に向け、同じことを2回いっていたとも言える)。

 

そういった流れがあったので、新聞一面で緊急事態宣言が出ると読んでもどこかピンとこず。そうこうしているうちに実際に緊急事態宣言はなされ、間もなくその渦中に突っ込んだ。「実際に出るときは意外と(中では調整などしているのだろうが外から見る分には)早いものなんだな」などと。家で読む本など買い込みたかった気もするが、仕事の関係で行けず。そもそも外出自粛はもとより叫ばれていたことで、まぁ家にあるものを使って時間をつぶすよりない。今はインターネットもあるし…。

 

 

どういう経緯だったかいまいち覚えてないけれど、このブログを整えてまた再開しようかなといじっていたところだったので、記事を書こうかなぁなどと思ったり。そう思いつつ数日がたってしまった。今日は4月11日(土)、緊急事態宣言が出たのが7日(火)の夜で8日(水)から効力発揮だったから、今日はもう4日目か。

 

 

街の様子にも変化があった。一番はやいのはセブンイレブンだったと思うが…コンビニのレジに透明のカーテンのようなものが設置され始めた。レジをうつ従業員さんを感染から守るためのものらしい。最初はちょっとびっくりしたものの、従業員さんも不安だと思うのでこういった取り組みで守ってくれると嬉しい。その後、レジの透明シートのカーテンは多くのコンビニで設置されている様子。

 

昨日あたりからは近所のコンビニでセルフレジが新たに設置されていた。人と接せずに決済が出来る(ただ、不特定多数が使う機器になるので自分の手指もキレイにするよう気をつけなければ)。セルフレジは、現金が使えないらしい。Suicaに数千円チャージしてきた。私は人とちょっと違うものを持つのがけっこう好きなタイプなので、Suicaはりんかい線のイルカの「りんかるくん」が描かれたもの愛用している。ブルーが涼しげなりんかいSuicaである。

 

2020年4月11日。

みんなはどうしてるかな、わたしはこんな感じです。今日は音楽関係の知人が生配信をけっこうしていて、なんか元気そうでほっこりした。この事態の収束を祈っています。