頭痛外来(八重洲クリニック)行ってきた…神経痛だったようです…。

 

先週の金曜あたりから朝寝違えたのか?って感じで痛かった首が、なんだかだんだん変になってきて、ひどい頭痛がはじまった。思い返すとキツかった。数分に一回はズキズキズキッッとのぼるように耳の後ろあたりが痛む。

 

結論としては、神経痛だったよう。変な痛み方だったので、詳しいところはないか…と「頭痛外来」のある日本橋の八重洲クリニックへ。いまは新型コロナウイルス対策で、予約制で診察しれくれるみたいだが、あまり待たずに診察室へ案内してくださり滞在時間も少なく、非常に快適に診察を受けることができました…。とても良いシステムでした。

 

私の痛みは、ズキズキズキッというより、こう、首の中の何か血管だとかそう言うものを、内側から、下から上へグリグリグリッと何かがのぼってくるような恐怖感のある痛みだった…。血がつまったとか、そういうのかとも考えたり不安になった。

 

ホームページからウェブ上で予約をして行った病院で、問診票をかき、セルフで血圧を測り(書かれていた通りにやったのになぜか1回失敗して計測できませんと言われた)、コロナ対策で体温をはかり(熱中症に注意と言われたくらいの天気で来院時に体温が高く気まずかったが、37.5以下ではあったので大丈夫…だったのかな)、診察室へ。入ったとたん、挨拶などすませて、最初に「ヘルペスウイルスによる症状とか出たことありますか?」と先生。びっくりした。風邪をひいたりすると口周りに水ぶくれができる。けどそのことは問診票にも書いてなかったので。

 

 

先生の見立ていわく、ヘルペスウイルスの関与した神経痛ではとのこと。確か「5月8日(金)あたりから右の耳のうしろあたりが数分に一回ほどピリッと痛む」…とかいうように書いた気がする。土曜日の朝になっても痛くて不安になって土日はひたすら症状を書き出してしのいだのだが(市販の頭痛薬が効いたのが救い)、それも必要なかったくらいにあっさり診断がくだった。よかった。こういうのは原因がわからないと不安になるので…専門の頭痛外来きてよかった!ありがとう先生!!!!

 

 

痛みや炎症を抑えるノイロトロピン錠、末梢神経障害を改善する薬…と言われたがビタミン剤ともいわれたノイロビタン配合錠を毎日朝と夕方にのむようにと。名前めっちゃ似てる。ノイロトロピンが2錠、ノイロビタンが1錠との指示。間違えそうだ……。くすりは地元に帰ってきて馴染みの薬局でもらったので、「脳神経外科?症状はどのような…?」ときかれた。遠くの脳神経外科からの処方箋持ち込む人もあんまいないだろうな。

 

あとは痛い時は飲んでといわれて頭痛薬ももらった。市販の鎮痛剤が効いていたので先生に必要かどうか聞かれて一応もらってきたのだが、やっぱり市販のもうちょっと弱いやつでも今のところ大丈夫そう。昨日夜寝る前に飲んだけど、今朝は夕方18時になったけど飲まなくても大丈夫かなといった感じ。まだ右首あたりに違和感あるけど…。

 

このままよくなるといいな〜。やっぱ病院は症状に詳しいところが頼もしいなと思いました。けど、痛み始めたのが金曜日で、土曜日も様子をみていたんだけど、土曜日の時点で八重洲クリニックやっていたので、行けばよかったな〜とは後悔しています。5日ほどたった今日5月13日にもまだ違和感はあるもん。ヘルペスウイルスを抑える薬だったら悪化するより前に早く飲んだ方がよかったし、回復も早かったかも。病院は改めて早くいく方が良いなと思いました。それでも診断してくれた先生には感謝!!!!