やっぱアンプ鳴らせるのいいなぁ〜ギターレッスン復活&Bメロから始まるLiSA紅蓮花

2020年6月15日

 

一緒にplant cellというバンドをやっているベースのhitomiさんが、イチナナというアプリで日々ベース弾き生配信をしている。その中でLiSAの紅蓮花をカバー演奏しているのだけれど、話題のアニメ「鬼滅の刃」の主題歌ともなっているこの曲ストレートなポップ+ロックチューンといった感じでカッコいい。

 

緊急事態宣言も解除されてギターのレッスンも再開したので、紅蓮花のカバーやっていこうかな…と思って、コードなどググっていた。その中で楽曲解説のページも発見。最後に貼っとく。あんまりコード進行とかキーとか理論的なことはすごく得意な方ではないんだけど、まぁちょっとずつ慣れて行きたいかなと思ってます。

 

 

解説読んでいて面白かったのが、この曲がBメロから始まるという点。言われてみれば…。Bメロはサビ前のブレイクのような感じで、印象的ですよね。今度あたしもやろ。

 

レッスンでは、ギターがドロップDじゃない?という話になって、それでやってみる。楽曲自体は基本的にはシンプルなのでレッスンは意外とサクッと進んだ。私がどれくらいカッコ良く仕上げられるかだな….笑。

 

えりこ
それにしても、アンプでギター鳴らせるのはやっぱりいいなぁと思った!

 

久々のレッスンだったんですけど、やっぱ何か教えてもらうと「あ、ギター弾くの楽しいな」って気持ちになるんですよね。好きな曲ひけると、何より嬉しいし楽しい。

 

紅蓮花はサビのコード進行が456-みたいな感じのこれまたシンプルというか王道の(しかも弾きやすかったりする)進行みたいなんだけど、サビの二週目?でギターのリフが入る前に一週目ではⅤだったところに代わりにⅤ#dimがはさまれててその後Ⅵmって流れひいてて気持ちよかった(Ⅴ#dimてかⅥ♭dimという解釈なのかもだけど)。

 

D#dimくしゃっとした感じの音がいい!先に進みたくなるし、ちょっと不安定で、例えばそれこそアニメの戦闘シーンならちょっと苦戦を強いられてるような音!からのイントロとかと同じギターのリフで元の安定感にもどるかんじがいい。うーん、気持ちよき!

 

歌もきいてる分にはかっこよくて気持ち良いですが、平歌のメロディの低さや細かいリリック、サビの高音など歌う分には簡単にはいかなそうですね。がんばらねば。

 

 

あ、あと帰りがけにベーグルカフェも寄れて嬉しかった…レッスンの後にこれ食べるの好きだったので…!笑

 

参考: