傘シェアレンタルサービスのアイカサ初めて使ってみた。

傘シェアレンタルサービスのアイカサ初めて使ってみた〜感想・口コミ・レビュー〜
傘シェアレンタルサービスのアイカサ初めて使ってみた〜感想・口コミ・レビュー〜

 

外出先でが降ってきた。止んだら帰ろうと思っていたら降り続くので、調べてみると夜まで降るらしい。カサ買うか…と思いつつ、自宅の傘立てにもう一本増えてしまうのがイヤだ。一本あれば十分なのに。

 

駅にカサのレンタルサービスがあったような気がして探してみると、あった。レンタル料は500円くらいまでなら許容範囲かなと思っていたけれど、70円で借りれるらしい。100円ショップより安ーい。

 

傘シェアレンタルサービスのアイカサ初めて使ってみた〜感想・口コミ・レビュー〜
傘の取手の下のところにICタグがあるらしい…1回目は失敗してしまった…。

 

ので、借りてみた。サービスは正式には「アイカサ」というものらしく、スマホでアプリをダウンロードして、クレジットカードやLINE Payなどを登録して決済を済ませるらしい。Bluetoothを使って、アイカサのカサBox?と連携してどうにかこうにかうまくできるようになってるらしい。

 

アプリをダウンロードして決済を登録したあと、アプリから「借りる」を選んで、アプリ内の指示通りに、カサBoxのQRコードを読み込む。そうするとカサを取り出せるようになるんだけど、どのカサをとればいいのかわからず、適当に右上の方から傘の取手部分を手前の出口方面まで引っ張ってみた。けど出口近くのところにセンサーがあるらしく、そのセンサーにカサのICチップを向けるようにして取り出さないとダメらしい。というわけで1回目はモタモタしてしまったからか?時間切れ?なのかで通信がストップして取り出せないまま失敗してしまったようだった。

 

よくみてみるとカサBoxに取り出し方の説明があったので、それを見ながらスマホも操作し直して、もう一度トライ。カサを取り出すとき、説明パネルの通り、カサの取手部分を左側に向けて取り出すようにすると、今度はうまくいった。一回失敗したようだから、料金二重にとられてたらどうしよう!と思ったけど、レンタル履歴を見る限り、一本となっているので大丈夫なようだった。(しかも後から知ったのだが、24時間以内なら借りて返す、を数回繰り返しても料金が変わらないらしい。)

 

人がいると気になるのか、私がモタモタしている間、通りすがりの人が覗いて行ったり、「カサ借りれるのね〜」「スマホで借りれるんだ〜」みたいに話題にされたりなどしていた。私も通りすがりに使っている人がいたので、印象に残っていた気がする。

 

傘シェアレンタルサービスのアイカサ初めて使ってみた〜感想・口コミ・レビュー〜
内側にもプリントあり「NO RAiN NO RAiNBOW」と傘マーク。

 

肝心の傘自体は、男女兼用なのかと思われるサイズで小柄な私としてはややデカめだけど、濡れなくてよかった。内側に「NO RAiN, NO RAiNBOW」とか、外側に思いっきり「iKASA」と書かれていたりする。あとで知ったんだけど、「天気の子」コラボデザインや、「ジップロック」コラボデザインもあるらしい。それがあればそれを借りても良かったかな…。

 

傘シェアレンタルサービスのアイカサ初めて使ってみた〜感想・口コミ・レビュー〜
iKASAロゴプリント。デザインは他にもあるらしい!

 

カサ、壊したり無くしたりしたらどうなるんだろうと思っていたけれど、壊れた場合は連絡すれば基本は大丈夫らしいし、借りた傘が壊れていたらその場で返してもう一度借りていいらしい。ただ、紛失すると支払わなければならない料金が発生するよう。(※2021年1月現在の情報です。)

 

24時間以内なら何回か借りたり返したりしても料金がかわらないようなので、出先の駅で借りて返す、また次の駅で借りる…とかいうやり方もできるらしい。

 

傘シェアレンタルサービスのアイカサ初めて使ってみた〜感想・口コミ・レビュー〜
帰ったら雪ふってきた。

 

カサをさして家に帰ってしばらくすると、雨がになっていたので、レンタル傘で借りて早目に帰ってきて正解だったな…と思った。今度借りる機会があればジップロックのやつがいいなー!